「人の行く 裏に道あり 花の山 いずれを行くも 散らぬ間に行け」