ドル円、三角保ち合いからの下放たれ

上値が重くなり、狭いレンジでの動きでしたが、下に抜けました。

ドル円 4時間足

安値の切り上げと、高値の切り下げが起こり、狭いレンジでの動きになるのが、三角保ち合いです。

三角保ち合いから、どちらかに抜けた方の動きが強くなる傾向があります。

ドル円 4時間足

安値を更新しました。

大口注文が複数入っていた価格帯を下抜けしていきました。

ドル円 1分足

抜けた後大口注文が入り、一旦止まりました。少反発の後、更に下落があるのかどうか。

大口注文の入り方が分かると、レンジの移動の様子や、注文のぶつかり合いが感覚的に掴めるようになります。